3/6 友吉俊郎・ジャズカルテット

fjp18_tomoyoshi.jpg友吉俊郎(Sax、Cla)
国立音楽大学(サクソフォン専攻)卒業。サクソフォンの他にフルート、クラリネット、ケーナ、オカリナ、しの笛、尺八、クロマチック・ハーモニカなども演奏するマルチプレイヤーとして、福井、金沢を中心に自己のグループの他、T-Times BAND、白井淳夫Swingin’Band、金津JAZZ倶楽部に所属し、演奏活動をしている。また、ヤマハ音楽教室認定講師として松木屋みゅうじかん、金沢vanvanでレッスンを行っている。

fjp18_sazawa.jpg佐澤尚友(Piano)
三重県生まれ。幼い頃よりエレクトーンを習い、愛知大学入学と同時にモダンジャズ研究会に入部。ジャズピアノを始める。大学在籍中より、名古屋、豊橋を中心にプロ活動を開始。その後、現在実家のある福井へ帰郷。アルトサックス奏者 白井淳夫氏の経営するシライハウスにてハウスピアニストとして勤める。現在は、白井淳夫スウィンギンバンド、武田幸夫カルテット、自己のバンドUMA、の他、ロック、邦楽、フォーク、ポップス等 多ジャンルのバンドで福井県を中心に活動中。

fjp18_morioka.jpg森岡喜彦(Bass)
1970年に独学でコントラバスを始め、フォークソングやポピュラー音楽を演奏していた。 数年後ドラムの江口氏のバンドに入りジャズを始めた。 ’80年頃にはサックス奏者の武田幸夫氏とバンドを結成、同バンドは現在も福井を拠点に活動中。 また、同じ頃アルトサックス奏者の白井淳夫氏とも出会い、シライハウスでは毎週ライブ演奏を続け、ビッグバンドのSwingin' Bandにも在籍している。

fjp18_shibataa.jpg柴田英邦(Drums)
石川、福井を中心に数多くのグループに所属し、percussionist、drummerとして、幅広く演奏活動を行う傍ら、豊富な経験を活かし、ヤマハ音楽教室の講師として後進の指導、育成に力を注いでいる。

3/6 溝口尚トリオ

リーダー溝口尚の呼びかけにより石川県からベースの馬場建史、福井県からドラムスに柴田英邦を招聘し結成されたユニット。
モダンテイストにあふれる都会的サウンドには定評がある。

fjp18_mizoguchi.jpg溝口尚(Piano)
石川県金沢市出身。幼少よりピアノを松井澪子氏に師事。大学入学とともに上京し、数々のユニットやレコーディングに参加しプロ経験を積む。平成8年帰沢し、JAZZピアノ奏法、理論を塩村宰氏に師事。現在は歯科医の傍ら、イベントやホテルでの演奏活動をライフワークとしている(モントレーJAZZフェスティバル IN NOTOに13回、金沢JAZZ STREETには第1回から連続出演)。また地元放送メディアなどにも楽曲を提供している。

fjp18_baba.jpg馬場建史(Bass)
高校時代にロックバンドでベースを始め、後にジャズに転向。現在は、石川県内を中心にジャズ・ロック・ゴスペル等幅広いジャンルで活動中。

fjp18_shibata.jpg柴田英邦(Drums)
石川、福井を中心に数多くのグループに所属し、percussionist、drummerとして、幅広く演奏活動を行う傍ら、豊富な経験を活かし、ヤマハ音楽教室の講師として後進の指導、育成に力を注いでいる。

3/7 興津エリザベス和美トリオ

fjp18_okitsu.jpg興津エリザベス和美(Organ)
北陸ではほとんど見る事ができないハモンドオルガンの魅力を多くの人に知ってもらいたいという想いから活動を開始。モントレージャズフェスティバルin能登、21世紀美術館オープニングアクト、オルガンレディースライブ~華(hana)~、金沢ジャズストリート等などに出演。3年に渡りテレビ金沢の音楽コーナーでレギュラーを務める。またジャズ批評にて女性ジャズプレイヤーとしても取り上げられる。佐山雅弘、布川俊樹、矢堀孝一、納浩一、Sylvia Cuenca、Jay Stixxなど多くのミュージシャンと共演。

fjp18_yachi.jpgヤチシンヤ(Drums)
石川県生まれ。高校生の頃からドラムを叩きはじめ、卒業後に渡米。バークリー音楽大学にて音楽漬けの日々を送り帰国。その派手なドラミングと、タイトで小気味良いグルーヴで北陸を中心に全国のミュージシャンと数々のライブセッション、レコーディングに参加。ドラムとパーカッションの両刀使いであり、ジャズ、ポップス、ロック、子供向け音楽まで、ジャンルを問わずオールラウンドに活躍。また、レコーディング・PAエンジニア、デザイナー、写真家としても多くのCD制作を担当。ミュージカルやご当地アイドル、CMへの楽曲の提供など、マルチな才能で活躍の場を広げ続けている。

fjp18_kaga.jpg加賀円将(Bass)
大学在学中よりプロ活動を開始。モントレージャズフェスティバルイン能登、21世紀美術館オープニングアクト、金沢ジャズストリート等に出演。豪華客船『飛鳥Ⅱ』での演奏も務める。人気ネット配信番組「ベーシストのためのお得なフレーズ仕入れ先『アマルナ本舗』」のベーシスト兼MC。ロサンゼルスへの留学や渡辺香津美、佐山雅弘、矢堀孝一、大高清美(カシオペア)、菅沼孝三、Ulf Wakenius、Jerry Watts、Hussain Jiffry、Rufus Philpot、Rosario Giuliani、Rasmus Kihilberg、Jeff Ballardなど多くのミュージシャンと共演、関東や関西でも精力的に活動している。近年では北陸放送が薦める地域の専門家『マイベストプロ』に音楽の専門家として取り上げられる。

ディキシー・ハピネス

fjp17_dixie.jpgディキシーランド・ジャズは、クラシック・ジャズに分類される一分野。「ジャズの最初の形態」と認識されることが多い。...Wikipediaより。ディキシー・ハピネスは、白井淳夫 Swingin' Bandにも所属する、 リーダー光家禎浩(Tp)が中心に2010年に結成。 アットホームなパーティーやライブ、地域のイベントやお祭りでの演奏まで数多く活 動しています。 教会のゴスペル・小唄と呼ばれる当時の流行歌や今の流行歌・マーチ・ブルース等を 素材として、 ソロもアンサンブルも重視したディキシーランドジャズサウンドをお聴きください。 小さいお子様からご年輩の方まで幅広い年代に、 また、ジャズはよくわからないと思われている方にも楽しんでいただける 音楽・ステージをモットーにしています。
今年で6回目の出演です。 当日は音楽にもパフォーマンスにも磨きをかけてますので一緒にハッピーに楽しみま しょう!!!
さらに昨年1stCDアルバムが完成!絶賛発売中!お楽しみに!

3/8 瀬戸れい子トリオ

fjp18_seto.jpg瀬戸れい子(Piano)
福井県出身。大阪音楽大学短期大学卒業後、ピアノ講師をする傍ら、jazzに興味を持ちライブハウスに通い勉強を始める。帰福後、アルトサックス白井淳夫氏、テナーサックス武田幸夫氏達とライブ活動をする。プティトアンサンブル、金津JAZZ倶楽部にも参加。現在、週末はシライハウスに出演中。

fjp18_morioka.jpg森岡喜彦(Bass)
1970年に独学でコントラバスを始め、フォークソングやポピュラー音楽を演奏していた。 数年後ドラムの江口氏のバンドに入りジャズを始めた。 ’80年頃にはサックス奏者の武田幸夫氏とバンドを結成、同バンドは現在も福井を拠点に活動中。 また、同じ頃アルトサックス奏者の白井淳夫氏とも出会い、シライハウスでは毎週ライブ演奏を続け、Swingin' Bandにも在籍している。

fjp17_yosuke2.jpgYOSUKE(Drums)
大学在学時にビックバンドを経験。東海ビックバンドコンテストにて審査員特別ソリスト賞受賞。大学卒業後は名古屋東京を中心に活動し、2016年自己のバンド「The Scat Cats」にて金沢ジャズコンペティショングランプリ受賞。現在は地元福井を中心に活動中。

3/9 FUKUI JAZZ 4SAX

fjp18_shirai.jpg白井淳夫(A.Sax)
日本を代表するビッグ・バンド「宮間利之とニュー・ハード」や「森寿男とブルー・コーツ」に入団し、ジャズ・コンサートやレコーディングの他、テレビ番組等での演奏活動をする。アメリカの2大ジャズ・フェスティバルの「モンタレー・ジャズ・フェスティバル」や「ニューポート・ジャズ・フェスティバル」に出演し、ディジー・ガレスピー、カウント・ベイシーとジョイントし、評論家や新聞各紙に絶賛を浴びる。国際親善使節として南米4カ国(ベネズエラ・ボリビア・チリ・コロンビア)を演奏訪問。福井に帰郷後、長年の夢であった、生活と演奏活動を両立させるため【シライ・ハウス】開店。現在は、学校関係等の指導の他、県内外での演奏活動を続けている。

fjp18_takeda_s.jpg武田 幸夫(T.Sax)
越前町出身。大学を卒業後、東京・横浜を中心に「東京キューバンボーイズ」等のバンドに在籍し、1981年までプロとして音楽活動をする。帰福後は仕事の傍ら、自己のバンドや地元のビッグバンドなどで活動を続けている。2008年10月から2010年3月まで、月イチのペースで29回続いた、アオッサ8階での「ナイトビュー&JAZZライブ」は、毎回200人を越す人が来場し人気を集めた。

fjp18_uenoyama.jpg上野山 雅司(A.Sax)
敦賀市在住のサックス奏者。中学のブラスバンドでアルトサックスを始め、法政大学ジャズ研にて本格的にジャズを始める。東京では学生時代から新宿ピットインなどのライブハウスに出演していた。帰郷してからは、名古屋方面で演奏をしていた。13年前には名古屋のメンバーとCDを自主制作しビーナスレコードから出している。最近は、京都の名ギターリスト寺井豊氏と知り合い、京都舞鶴方面でも演奏活動を行っている。1950年代のアメリカセルマーマーク6という古いサックスを愛用。ビバップの香りのする演奏スタイルである。

fjp18_tomoyoshi.jpg友吉俊郎(T.Sax)
国立音楽大学(サクソフォン専攻)卒業。サクソフォンの他にフルート、クラリネット、ケーナ、オカリナ、しの笛、尺八、クロマチック・ハーモニカなども演奏するマルチプレイヤーとして、福井、金沢を中心に自己のグループの他、T-Times BAND、白井淳夫Swingin’Band、金津JAZZ倶楽部に所属し、演奏活動をしている。また、ヤマハ音楽教室認定講師として松木屋みゅうじかん、金沢vanvanでレッスンを行っている。

fjp18_sazawa.jpg佐澤尚友(Piano)
三重県生まれ。幼い頃よりエレクトーンを習い、愛知大学入学と同時にモダンジャズ研究会に入部。ジャズピアノを始める。大学在籍中より、名古屋、豊橋を中心にプロ活動を開始。その後、現在実家のある福井へ帰郷。アルトサックス奏者 白井淳夫氏の経営するシライハウスにてハウスピアニストとして勤める。現在は、白井淳夫スウィンギンバンド、武田幸夫カルテット、自己のバンドUMA、の他、ロック、邦楽、フォーク、ポップス等 多ジャンルのバンドで福井県を中心に活動中。

fjp18_morioka.jpg森岡喜彦(Bass)
1970年に独学でコントラバスを始め、フォークソングやポピュラー音楽を演奏していた。 数年後ドラムの江口氏のバンドに入りジャズを始めた。 ’80年頃にはサックス奏者の武田幸夫氏とバンドを結成、同バンドは現在も福井を拠点に活動中。 また、同じ頃アルトサックス奏者の白井淳夫氏とも出会い、シライハウスでは毎週ライブ演奏を続け、Swingin' Bandにも在籍している。

fjp18_shibataa.jpg柴田英邦(Drums)
石川、福井を中心に数多くのグループに所属し、percussionist、drummerとして、幅広く演奏活動を行う傍ら、豊富な経験を活かし、ヤマハ音楽教室の講師として後進の指導、育成に力を注いでいる。

3/10 福井ニューサウンズ・オーケストラ

fjp15_fnso.jpg1973年、故武曽豊治先生を中心に“ジャズの出来るバンドを作りたい”という仲間で結成。毎週水曜日の夜に、仕事を終えた仲間達が集まり「練習を楽しむ」をモットーに活動しています。過去様々なコンサートやイベントに出演してきましたが、最近の主な活動は、2年に一度の自主コンサートや各地で行われるイベント等、又毎年行われている「ユニークダンス(車椅子や松葉杖を使いながら踊れる社交ダンス)」パーティには第一回目から出演しています。

3/10 金津JAZZ倶楽部

fjp18_kanazu.jpg一口にJAZZといっても、演奏スタイルはディキシーランドからスイング、ビ・バップ、モード、フュージョンまで千差万別ではありますが、その根底にあるのはいかに「SWING」するかということ。そしてビッグバンドの魅力は、サックス、ブラス、リズムセクションからなる総勢16〜20人のメンバー全員がSWINGして生み出す迫力あるゴージャスな響きに尽きます。

3/11 白井敦夫Swingin’Band&三好由美

fjp18_shiraiSB.jpg1986年、白井淳夫をリーダーとして、県内在住の元プロミュージシャンや学生バンドの経験者を中心に結成。フェニックス祭における駅前商店街のコンサートでデビューする。シライ・ハウス主催のジャズ界の最長老、ベニー・カーター率いるオーケストラのコンサートで共演し経験を積む。その他、毎年県内外、様々なイベントでの演奏や、自主企画の“ほろ酔いライヴ”でもおなじみである。